BLOG

足立区竹の塚の個別塾

2019/07/11
ロゴ

梅雨空と梅雨寒が続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか。体調には十分にご注意ください。

さて、夏休みも近づいてきましたので学習のやり方について少々お伝えしたいと思います。

やはり学校内容、特に定期テストの勉強はなによりも教科書を熟読することだと思います。それこそどこに何がどのように書いているのかをじっくりと「視」てほしいと思います。「見」るのではなく。こと勉強においては医師が必要です。ただ視界に入れても意味がありません。そして正しい情報しっかりと頭に植え付ける努力をして、その上で問題演習に取り組んでほしいものです。

提出物などの部分からただ書けばいい、埋めればいい、終わらせればいいとなりがちです。ともすれば学校側がそれを求めてきます。手段と目的の逆転です。そのような勉強をしても時間の浪費です。

それこそ私たちも問題集を解いているかを求めがちです。でも、考え方を変えましょう。問題演習はあくまでも覚えているか、実力がどれ位かを確認するためのツールです。その時に満点である必要はありません。求めてもいけません。なぜ間違えたのかを確認、理解することに努めましょう。夏休みは幸いにも長いです。その思考をする時間が取れます。