BLOG

足立区竹の塚の個別塾

2020/07/17
ロゴ

 今日も雨ですね。何日間連続なのでしょうか。気持ちも落ち込んでしまいそうですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 今回もコロナウイルスの関連の話をしたいと思います。やはり情報番組ですが、政府や知事の発言で「医療状況はひっ迫していない」という言葉を耳にします。直近の見た目ではそうかもしれません。しかし、それは1日で2倍になるスイレンの葉のようなものかもしれない。私はそのように考えたりもします。

 このスイレンの葉の話ですが多少の違いはあるでしょうがこのようなものです。

「1日で2倍になるスイレンの葉が1枚、池に浮いています。この池の広さは30日で葉がいっぱいになるそうです。では、スイレンの葉が池の半分を占めるのは何日後ですか」

 答えは15日ではありません。29日です。病床の数が池の広さ、患者がスイレンの葉だとすれば、まだ大丈夫、まだ池の半分だからと思っていたらすでに29日目を迎えていたということになるかもしれないということです。為政者は常に最悪のケースを想定して動いてほしいところですね。

 勉強でもそうでしょう。できていないかもしれない。分かっていないかもしれない。その想定をしながら私たちは子供たちを指導していかなければいけないと思います。そうでなければ、躓きや苦手な単元を作り、放置する原因となるからです。