BLOG

足立区竹の塚の個別塾

2021/04/14
ロゴ

 先週ようやく雨の土日が終わったとおもったら今週もまた雨になりそうです。これは天が外出をするなと言っているのでしょうか。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、今回は日常の疑問について書いていきたいと思います。まずは「週末」という表現です。よくテレビなどで「良い週末をお過ごしください。」などと番組の終わりに聞くことがありますが、個人的には非常に疑問に感じているのです。それというのもカレンダーをご覧いただけるとご理解いただけると思いますが、日曜日は週の頭になっているかと思います(一部カレンダーは土日が週末に来ているものもあるかとおもいますが)。一体いつからこうなったのでしょう。ちょこっと調べてみましたが、いらっしゃいました。同様な疑問を感じた人が。まずなぜ日曜日が週の頭にくるのかから書いていきます。

 日曜日が週頭の理由、それは宗教的な理由だそうです。イエスの復活した曜日が日曜日であり、ユダヤ歴の安息日が金曜の夜から土曜の夜までだったからだそうです。

 次に月曜日が週頭の1971年の国際標準化機構の決議からだそうです。意外と新しいですね。しかし、そう考えるならそろそろカレンダーも月曜日が週初めになっているものが多数を占めてもいいのではないかと思うのですが、皆様はどのようにお考えでしょうか。

 意識していれば、世の中の常識を少し疑ってみるだけで新たな学びのきっかけが生まれます。インスタントな生活、自ら思考しない生活、学校の勉強だけをする生活を繰り返すことはもはや人間ではないと言えるかもしれません。パスカルも言いました「人間は考える葦である。」と。これは人間は思考できる偉大な存在であるという意味でもあります。逆に言えば乱暴ではありますが思考しない人間は人間ではないとも言えるかと思います。常に物事に対し疑問を持ち、課題に対して真摯に向き合い、現状を打開するための思考を繰り返すことが重要なのだと思います。

 当教室ではただ一方的な解答解説は行いません。思考のプロセスを重視します。応用問題などでは、なぜそうしたのかをきちんと説明できることが大切だと考えています。